フリーターが就職するために

フリーターが就職する理由

まずなぜフリーターは就職しようと思うのでしょうか。
まあ大体の方は安定を求めて就職すると思います。
フリーターでは保険や年金など福利厚生がなかったりしますし、年収ということで考えるとやはり収入が少ない場合が多いです。
やはり、ある程度は会社に守られているというところはあるのではないでしょうか。

あとは結婚などですね。
恋人がいて結婚を考えているけどアルバイトでは相手の両親も納得してもらえませんし結婚には大きなハードルです。
しっかり定職に就いてから勧めていかないと相手の親も不安ですね。

あとは夢が破れて就職するという方も多いのではないでしょうか。
弁護士になりたい、お店をやりたいなど自分で何かをしたいからそれに向けてかんばっていた、そういった仕事をしていたけどうまくいかなかったから諦めて就職するという方です。

まあ理由はいろいろあると思いますが、就職する際、なぜ今までフリーターをやっていたのか、今になって就職するのかというところが雇う側としてはとても大事なポイントかなと思います。

たとえば働くのが嫌でなんとなくアルバイトをしていた人より目標があってそれに向かって頑張っていた方では全然違います。
このあたりでも就職できるのかできないのかがかなり変わってくるのではないでしょうか。

自分のことを自己分析する

まずは自分のことをしっかり理解することが大事ではないでしょうか。

自分はどういった仕事をしたいのか、どういった仕事に向いているのか、これからどうなりたいのかなど自己分析することが大事です。

それに加えて自分の性格や考え方などの良いところ悪いところを分析して把握することです。

フリーターが就職する場合、社会経験がほとんどない場合が多いので、性格などの人間性であったり、その仕事に対する熱意、やる気、その他の部分をいかにアピールできるかが大事になってくると思います。

そういったところで自分のことを分かっていないと面接でしっかりとしたアピールもできないと思います。

フリーターはあまり職歴がない方が多いと思うのでなおさら大事です。

会社側も職歴がないのであれば、やる気があってその仕事をしたいという強い気持ちがある方を雇いたいと思うと思います。

職歴がなくても他のアピールポイントは考えて絞り出せば出てくると思いますし、自分では大したことではないと思うことでも面接する方からすればすごく評価されることもあるかもしれません。

自分のことを理解していてしっかりした意見を持っている方は私は評価されると考えています。

アルバイトや契約社員から正社員へ

私の周りでもそうですが、アルバイトかや契約社員から正社員になっている方が多くいます。

こういった流れの方がスムーズなのかなと思います。

会社側もアルバイトや契約社員なら雇いやすいですし、それで優秀な人材なら正社員にしたいと考えるのは当然だと思います。

実際、アルバイトや契約社員からはじめて正社員へ雇用という流れの会社も多くあると思います。

ただ、ここで正社員雇用ありといっていながら全然正社員になれないという会社もあるのでここは会社選びがとても大事になってくると思います。

もちろん、仕事ができないということで正社員になれない場合もあります。

ずっと正社員になれず、そうこうしているうちに年齢を重ねてしまうというリスクもありますからそこは難しいところではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です