cheap-toys のすべての投稿

フリーターが求人を探す方法

ハローワークで探す

フリーターが仕事を探すときまず利用するのがハローワークですね。
ハローワークは企業側の求人の掲載料がかかりませんから中小企業など多くの会社の求人が掲載されています。
全国各地求人数も数多くあるのでフリーターの方には良い求人が多く掲載されていると思います。

フリーターには良い求人というのは未経験でも可など条件が低い求人が多いということです。
ただ、その代わり給料や職業など納得いかない仕事の可能性もあります。

条件を厳しく設定してしまうと希望に合った求人は一気に減ってしまうと思いますし、あったとしても応募が殺到してしまう可能性が高いです。

ハローワークでは職業支援なども行っているのでそういったものを利用するのも良いのではないでしょうか。

私も利用したことがありますが、やはり良いなと思った求人には応募が殺到していました。
募集人数1名や2名に対して100人以上というのおありました。

もしまだ若いのであれば条件の設定を低くしてまずは何年か働いて社会経験を積んで転職というのも一つの方法ではないでしょうか。

求人情報サイトで探す

最近は求人情報サイトで探す方が多いですね。
ただ、求人情報サイトのほとんどが掲載料がかかるのである程度広告費が出せる企業でないと掲載できなかったりするので大手企業であったり優良企業の場合が多いです。

ですからフリーターの方が就職できる求人は少ないというのが現状だと思います。

ただ、求人情報サイトでも掲載料無料で掲載できるサイトもあるのでそういったところを利用するのも良いのではないでしょうか。

実際私もハローワークも利用しましたが、就職したのは求人情報サイトに掲載されていた会社の求人です。(ハローワークにも掲載されていましたが)

ですからいろいろなところから情報収集するのがやはり一番だと思います。

たとえば大手のリクナビなどは情報集手には良い求人情報サイトだと思います。

ただ、求人に応募が殺到するものが多いのでなかなか難しいかもしれませんが、利用して損はないと思います。

人材紹介を利用する

人材紹介といえばあなたの希望やあなたに合った求人を専任のコンサルタントが求人を紹介してくれるというサービスです。
書類の書き方から面接対策、条件交渉なども行ってくれるサービスです。

人材紹介といえばある程度社会経験があって転職を考えている方向けのサービスのようですが、フリーターなども利用できる人材紹介会社もあります。

私も最近見つけたばかりで私がはじめて就職するころにこのサイトを見つけていれば利用していましたね。

フリーターが就職するというのは社会経験がある方が転職するよりも難しいわけですからこういったサービスはとてもありがたいと思います。

掲載されている求人もフリーター歓迎の求人でしょうし、専任のコンサルタントもあなたのアピールポイントをしっかり出してくれると思いますので利用するべきだと私は思います。

履歴書や職務経歴書の書き方がわからない、面接対策をどうすればよいのか、自分に合っている求人がわからないなど様々な悩みを持っている方は利用することをおすすめします。

フリーターが就職するための疑問

フリーターが就職しやすい職種とは

フリーターが就職しやすい職種はあるのでしょうか。

まず挙げられるのが営業ではないでしょうか。
営業は仕事としてはきついという場合が多いです。
会社によっては入れ替わりが激しかったりしますからやる気と根性があればできるということもあると思います。
営業の場合、アルバイトなどの接客でも経験として評価されやすいと思います。

次は飲食店です。
アルバイトなどでキッチンで働いていたりするとそれも経験として役に立つと思います。
調理師免許なども良いのではないでしょうか。

次はSEです。
システムエンジニアは未経験募集が多いですね。
システムエンジニア関連の資格は数多くありますが、何ヶ月もかかって資格を取るより1ヶ月実際に働くのでは実際に働いた方がスキルがアップすると聞いたことがあります。
ですから未経験でも良いという考えなのかなと私は思っています。
もちろん社会経験がないのであれば資格が無いよりあったほうがよいですね。
あとはプログラマー募集などでは趣味などで自分で勉強したり、プログラムを組んだししている方は評価されるのではないでしょうか。

あとはタクシーやトラックの運転手などですね。
免許を持っていて車の運転がしっかりできるのであれば就職できる可能性もあるのではないでしょうか。

就職に資格は必要なのか

フリーターが就職するときに資格は必要なのかというところです。

もちろん資格はないよりあったほうが良いのは当然ですね。

特にフリーターの場合は職歴がほとんどない方が多いでしょうから資格なども選考の比重も大きいかもしれません。

ただ、資格が重要視されるかは資格の種類や会社(職種)によっても違います。

資格を重視する会社もあればしない会社もあるでしょう。

たとえばタクシー運転手なら運転免許は絶対ですよね。

システムエンジニアなら情報処理系の資格などはある程度評価はされると思います。

ただ、ここでフリーターだからといって就職で有利になるためにわざわざ資格を取るというのもちょっと違うかなと思います。

もちろん資格の種類にもよると思います。

絶対とった方が良いなら頑張って取ると良いと思いますし、多少有利かなという程度ならその資格がどの程度で取れるのかというところも考えて判断すると良いと思います。

就職に成功する人と失敗する人の違いとは

フリーターが就職するときに以外に難なく就職できる方もいれば、なかなか就職ができないと言う方もいると思います。

この違いはどういった違いなのでしょうか。

いくつかのポイントがあるとは思います。

これまでフリーターの経験やフリーターだった理由、考え方、資格などが考えられると思います。

■フリーターの経験
フリーターといっても仕事はいろいろあります。
たとえば、フリーターでも飲食店である程度の地位で任されていたという方なら形はアルバイトですが、やっていることは責任のある仕事だったりします。
そうすると飲食店に就職を考えている場合評価されるでしょう。
他にはアルバイトでWEBデザインの仕事をしていて技術があるならWEBデザインのなどの仕事にはつきやすいでしょう。
ですからアルバイトでも仕事内容によって職歴として評価されるかどうかは全然違うと思います。

■フリーターだった理由
フリーターでもフリーターだった理由というのが大事だと思います。
何かの目標に向かって頑張っていたのでフリーターをやっていたのと、なんとなくフリーターをやっていたのとでは全然違います。
信念や考えももってやっている方は評価されるのではないでしょうか。

■考え方
将来こうなりたい、こういったことをやっていきたいなどしっかり自分の未来のプランができているということや、仕事や生活などに関してしっかりとした考え方を持っている方はしっかり見えるし信頼されるのではないでしょうか。
ずっとフリーターをしている方でも話してみると自分の考えをもっていてしっかりしているなという方もいます。
まあそういった方は何か別の目標があってフリーターをやっているという方が多いとは思います。

30代のフリーターが就職するのは難しいのか

30代でフリーターが就職するのは難しいのは当然ですね。
20代でフリーターならこれから経験を積んでということも可能ですが、30代となるとある程度即戦力ということが求められます。
それに30代でフリーターとはどういうことなのかとなります。

30代でフリーターといっても昔は正社員で働いていたと言う方もいると思います。
そこでの実績はアピールポイントになりますね。

30代でずっとフリーターで働いていたとなるとその理由がいりますね。
何か目標があってそうしていたのかなど面接の際にも納得できる理由がいると思います。
弁護士や税理士、行政書士になりたいのでということなら納得できますね。
このあたりの資格はとても難しいですからね。

30代で一度も正社員として働いたことがないというのであれば、私ならアルバイトや契約社員から入って正社員になることを考えるかもしれません。

フリーター就職体験談

アルバイトや契約社員から正社員へ

私の周りでもそうですが、アルバイトかや契約社員から正社員になっている方が多くいます。

こういった流れの方がスムーズなのかなと思います。

会社側もアルバイトや契約社員なら雇いやすいですし、それで優秀な人材なら正社員にしたいと考えるのは当然だと思います。

実際、アルバイトや契約社員からはじめて正社員へ雇用という流れの会社も多くあると思います。

ただ、ここで正社員雇用ありといっていながら全然正社員になれないという会社もあるのでここは会社選びがとても大事になってくると思います。

もちろん、仕事ができないということで正社員になれない場合もあります。

ずっと正社員になれず、そうこうしているうちに年齢を重ねてしまうというリスクもありますからそこは難しいところではあります。

フリーター就職サイトを活用して正社員に

私は大学生の時就職活動に失敗して内定をもらうことができず、そのままいくつかのアルバイトをしながらフリーター生活を送っていました。
しかし、20台半ばに差し掛かり、安定した収入を得て社会人として自立したいと思い再度就職活動にチャレンジすることにしました。
その時活用したのがフリーター就職サイトでした。
社会人の経験もなく資格も持たない私が仕事を探すということはなかなか難しいことでしたが、フリーター就職サイトには様々な職種から多数の未経験可、正社員募集の募集要件が掲載されており、情報を得るのにとても便利な上、自分がどんな仕事につきたいのか検討するきっかけにもなりました。
また、履歴書の書き方や面接でのアピール方法、内定を得るためのポイントなどについても参考になることが多く、とても役に立ちました。
フリーターからの正社員への就職は思っていた通り厳しいものでしたが、フリーター就職サイトを活用しながら無事に就職先を見つけることができました。

フリーターが就職するために

フリーターが就職する理由

まずなぜフリーターは就職しようと思うのでしょうか。
まあ大体の方は安定を求めて就職すると思います。
フリーターでは保険や年金など福利厚生がなかったりしますし、年収ということで考えるとやはり収入が少ない場合が多いです。
やはり、ある程度は会社に守られているというところはあるのではないでしょうか。

あとは結婚などですね。
恋人がいて結婚を考えているけどアルバイトでは相手の両親も納得してもらえませんし結婚には大きなハードルです。
しっかり定職に就いてから勧めていかないと相手の親も不安ですね。

あとは夢が破れて就職するという方も多いのではないでしょうか。
弁護士になりたい、お店をやりたいなど自分で何かをしたいからそれに向けてかんばっていた、そういった仕事をしていたけどうまくいかなかったから諦めて就職するという方です。

まあ理由はいろいろあると思いますが、就職する際、なぜ今までフリーターをやっていたのか、今になって就職するのかというところが雇う側としてはとても大事なポイントかなと思います。

たとえば働くのが嫌でなんとなくアルバイトをしていた人より目標があってそれに向かって頑張っていた方では全然違います。
このあたりでも就職できるのかできないのかがかなり変わってくるのではないでしょうか。

自分のことを自己分析する

まずは自分のことをしっかり理解することが大事ではないでしょうか。

自分はどういった仕事をしたいのか、どういった仕事に向いているのか、これからどうなりたいのかなど自己分析することが大事です。

それに加えて自分の性格や考え方などの良いところ悪いところを分析して把握することです。

フリーターが就職する場合、社会経験がほとんどない場合が多いので、性格などの人間性であったり、その仕事に対する熱意、やる気、その他の部分をいかにアピールできるかが大事になってくると思います。

そういったところで自分のことを分かっていないと面接でしっかりとしたアピールもできないと思います。

フリーターはあまり職歴がない方が多いと思うのでなおさら大事です。

会社側も職歴がないのであれば、やる気があってその仕事をしたいという強い気持ちがある方を雇いたいと思うと思います。

職歴がなくても他のアピールポイントは考えて絞り出せば出てくると思いますし、自分では大したことではないと思うことでも面接する方からすればすごく評価されることもあるかもしれません。

自分のことを理解していてしっかりした意見を持っている方は私は評価されると考えています。

アルバイトや契約社員から正社員へ

私の周りでもそうですが、アルバイトかや契約社員から正社員になっている方が多くいます。

こういった流れの方がスムーズなのかなと思います。

会社側もアルバイトや契約社員なら雇いやすいですし、それで優秀な人材なら正社員にしたいと考えるのは当然だと思います。

実際、アルバイトや契約社員からはじめて正社員へ雇用という流れの会社も多くあると思います。

ただ、ここで正社員雇用ありといっていながら全然正社員になれないという会社もあるのでここは会社選びがとても大事になってくると思います。

もちろん、仕事ができないということで正社員になれない場合もあります。

ずっと正社員になれず、そうこうしているうちに年齢を重ねてしまうというリスクもありますからそこは難しいところではあります。

フリーターが就職するためにはどうすれば良いのか?


私も既卒でずっと就職しないでいました。
そして、初めて就職したのが20代後半でした。
やはり、就職していない時はこのままで良いのか、将来に関して不安に思うことが多かったです。
20代後半まで会社で正社員として働いたことがなかったので就職できる保証も全然ない状態でした。
そういった私でも就職できましたから同じような状況の方も就職できると思います。
そこで私の体験や考えをもとにいろいろ書いていきたいと思います。

フリーターが就職するために

フリーターといっても年齢、状況、アルバイトの職歴など人それぞれ違うと思います。
そして働きたい職種も違うと思います。
そういったところで就職しやすいのかしにくいのかも変わってきます。
まずは自分はどういった職に就きたいのか、アルバイトを含めたこれまでの経験なども把握しておくことが大事ではないでしょうか。
なんでも良いから就職とかとりあえず就職というのではなかなか難しいのではないでしょうか。
まあ20代前半ならまだしも20代後半やさらに上になるとそういったところをしっかり把握しておかないといけないのではないでしょうか。

フリーターが求人を探す方法

求人を探す方法はいろいろあります。
フリーターということであれば中小企業や未経験可の求人が多いハローワークはまずはチェックしておきたいところですね。
求人情報サイトも数多くあります。
求人の掲載料がかからない求人情報サイトもあるのでそういったところにはいろいろな企業の求人が掲載されています。
そして、人材紹介会社です。
人材紹介といえば社会経験があって転職する際に利用するというイメージですが、フリーターの方向けの人材紹介会社もあります。
そういったところなら様々な面からサポートしてもらうえるので就職活動をしたことがない方にはとても良いと思います。

フリーター・既卒・第二新卒向け転職支援サービス

フリーターや既卒から就職というのはやはり大変です。
そこでおすすめなのがフリーター・既卒・第二新卒向け就職転職支援サービスのハタラクティブです。
ではハタラクティブとはどういったサービスなのかというところです。

ハタラクティブ

ハタラクティブはフリーター・既卒・第二新卒向けの就職転職支援サービスで未経験から正社員への転職をサポートしています。
基本的には20代の若年層向けになっています。
コンサルタントがマンツーマン体制でサポートしてくれますので就職転職活動もスムーズに進むのではないでしょうか。
表には出てこない非公開求人も取り扱っているので一度利用してコンサルタントに相談してみるのも良いのではないでしょうか。
ハタラクティブのようなフリーターや既卒者で未経験から正社員への就職転職支援サービスはなかなかないのでこれはありがたいですね。
ただ、サービス対象地域が現在、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県がメインですので地方の方は上京したいという方は良いかもしれません。。

ハタラクティブのポイント

■フリーター・既卒・第二新卒向けの就職転職支援サービス
■非公開求人多数
■コンサルタントがマンツーマンで対応
■サービス地域は東京、神奈川、埼玉、千葉がメイン